軽自動車税の増税はいつから? 時期と金額

軽自動車の増税 時期と金額

 

安倍晋三首相は2013年10月、5パーセントの消費税率を2014年4月に8パーセントに引き上げることを決定しました。色々、賛否両論あった消費税率の引き上げ。経済指標が好転していることから、増税を表明したとされています。

 

 

また、1年半後の2015年10月には、さらに2パーセントの消費税率引き上げを予定しています。
自動車の購入を考えている方にとっては、このニュースは見逃せない内容です。

 

 

軽自動車税増税?

 

「軽自動車税増税」という案が浮上しています。

 

 

総務省の見解によると、1.0Lクラスの自動車税が年間29,500円。これに対して、軽自動車税となると、年間わずか7200円。軽自動車という特殊性を加味した税金であるにせよ、アンバランスすぎる為、是正が必要というものです。

 

 

まだ増税額に関しては、具体的に決定案は出ていませんが、現在7200円の年間軽自動車税を、まずは10,800円、最終的には15000円まで引き上げるという意見が強いです。現段階では、自動車取得税廃止と同時期に、軽自動車税増税が行われる方向性です。

 

 

二重課税撤廃 (自動車取得税撤廃)

 

消費税の8パーセント増税が決定してしまいましたが、自動車のような高額商品を購入するにあたっての消費者負担が大きいこともあり、自動車にかかる税金の部分で、消費税率アップになった部分を、ある程度、軽減していこうという話が、与党税制改正大綱に盛り込まれました。

 

 

現段階の話においては、「消費税が10パーセントになった段階で、自動車取得税を廃止する」という内容です。

 

 

ちなみに、自動車取得税とは、取得価額が50万円を超える自動車の取得に対し、都道府県が設けている税金。自家用の普通自動車の場合は、取得価格の5パーセント。自家用軽自動車の場合は、取得価格の3パーセントとなっています。

 

 

この自動車取得税に関しては元々、自動車購入時の課税として、消費税との二重課税が指摘されており、自動車業界は自動車取得税の撤廃を求めていました。それを配慮し、与党税制改正大綱に盛り込まれたという流れです。