自動車は増税前に買っておくべきなのか?

軽自動車は増税前に買うべきか?

 

現行5パーセントの消費税率が、2014年4月に8パーセントに引き上げられることに決まりました。

 

 

そして半年後の2015年10月には、さらに2パーセントの消費税率引き上げを予定。最終的には、消費税10パーセントになる方向性となっている日本。「大きな買い物をするなら2013年3月までに」という動きが、世間的に活発です。

 

 

軽自動車を買うタイミングはいつがいい?

 

そこで気になるのが、軽自動車はいつ買うのがお得なのか?という事です。
そろそろ軽自動車を新たに購入したいな…と考えている方々は、悩みどころです。

 

 

政府は、消費税率引き上げに伴い、それ以外の部分での消費者負担の軽減も考えています。

 

 

車ですと、現段階の話においては、「消費税が10パーセントになった段階で、自動車取得税を廃止する」という内容が、与党税制改正大綱に盛り込まれました。でもその代わりに、軽自動車税を増税するという話も浮上しています。

 

 

増税前がベター

 

そこで軽自動車はいつ買えばお得なのか?という話になるのですが、まず確定している範疇での話しになると、2014年4月1日から5パーセントの消費税が8パーセントになり、その段階では、自動車取得税撤廃および自動車取得税軽減は難しそうです。

 

 

ですので、2014年4月1日から消費税10パーセントになる予定の2015年10月までに軽自動車を購入するならば、2014年3月31日までに車を購入するのがベストかと思います。

 

 

税金もそうですが、今ならエコカー減税もあります。

 

 

エコカー減税対象車を買うなら尚更、消費税増税に関係なく、現段階でも自動車取得税が、条件次第では100パーセント免除です。
エコカー減税は自動車取得税だけでなく、自動車重量税も同様に、条件によっては100パーセント免除なので、消費税が8パーセントに上がる前に買わない手はないと思います。

 

 

消費税10パーセントになる予定の2015年10月以降のことに関しては、現段階では、未来の話しすぎて断言は出来ません。
消費者負担の軽減に対し、国がどのように動くのか?ほぼ確定とは言えど、本当に消費税が10パーセントになるのかも、分からないからです。

 

 

車検の時期も大切

 

車検となると、自動車重量税と自賠責保険も必要になりますし、何より車検代がかかってきます。「車検を通すなら、消費税が上がる前に買い替えを。」という考え方も正解です。